DSC02064-2
アダルトチルドレン回復研究所 代表
永田雅宏

大分県大分市生まれ。
転勤の多い父の仕事の関係で、その後熊本・大阪・福岡と移り住みました。

私の父親は家族に対してとても威圧的でした。

自分の思い通りにならないとすぐに怒りをあらわにし、周りを怒鳴りつけるのです。

そんな毎日の中で、母親は夫の暴力的な言動に耐えきれなかったのでしょう。
悩んだ末にある宗教の信者となり、のめり込むようになります。

不機嫌と怒りで人をコントロールする父親。
「宗教の教え」という鎧(よろい)で心を深く閉ざした母親。

この二人の間で「心の拠り所」が無い、とても不安な幼少期を過ごしました。

中学生の頃より、極度に怖くなって人前に出られなくなる「対人恐怖」などの不安障害を抱えるようになります。

そしてこの頃から、苦しさから逃れたい一心で心理学を学んだり、心理療法を色々試すようになりました。
しかし心の状態はあまり改善されず、未来に希望が持てない思春期・青年期を過ごしました。

大学では経営学を学び、社会に出てからは自然保護に関する事業開発、企業コンサル(CSR経営)の仕事につきました。

不安や恐怖でいっぱいで、落ち込みやすい自分。
そんなネガティブな自分を抑えればなんとか仕事はできましたが、突然強烈な不安に襲われて、考えることも、体を動かすこともできなくなってしまうことが度々あり、悩まされました。

「こんな自分をなんとかしたい。」
「気持ちが楽になって、普通に生活が送れるようにしたい。」

そんな想いで、また新たに様々な心理療法などを受けるうちに、ようやく症状の改善が進むようになってきました。

改善のキーとなったのは「子どもの頃に傷ついた無数の体験」でした。
長い間押し込めていた子どもの頃の暗い体験を癒し・解きほぐすことによって、長年の悩みが解消されるようになったのです。

自分の状態は劇的に改善されましたが、当時の私は会社で出くわす様々な問題にも悩まされていました。

殺伐とした職場、大幅な業績不振、パワハラなど。

そしてその多くの問題の根底に、その当事者達が抱える「子ども時代の親子関係で受けた心の傷」が見えるようになり、仕事の転身を考えるようになりました。

心理学の資格を取得し、病院の心療内科で心理カウンセラーとして勤め、その後当研究所を設立をしました。

現在は神奈川県の江ノ島を拠点に、アダルトチルドレンからの解放・回復に関する研究、カウンセリング・ヒーリングの提供を行っています。(対面セッション・電話セッション)