「心の闇」の体験を癒す・活かす

子どもに対し過干渉、無責任など機能不全な家族

ここで育った人は大人になっても、心の奥深くに癒されない傷を持っています。
そして生きづらさや人生の混乱を抱えてしまうのです。

子どもの頃の傷ついた体験や満たされなかった心を解きほぐすことが
「心の闇」の体験をも活かす「在り方」へとつながっていきます。